TULLIN'S COFFEE

2016年からポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに全振り。それを元に2017年にはほぼタダでSFC修行を終えました。マイルの貯め方やANAステイタスに関することのほか、クレジットカード、旅行、投資、服、カメラなど日々の生活の中でオススメしたいモノをどんどん紹介していきます。よろしくお願いします✈

ヒルトンハワイアンビレッジに事前チェックインで宿泊。オーシャンビューとパーシャルオーシャンビューの眺望の差

久しぶりの更新になりましたが、1週間ほど夏休みをとってハワイに行ってきました。宿泊先はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾートです。

 

予約について、今回ひとつは公式サイトで定期的に開催されるフラッシュセールにて予約しました。今年の6月頃にありましたHAWAII FLASH SALEです。50%offとかそんな感じ。トリップアドバイザーで検索するよりも安かったです。もうひとつはヒルトングランドバケーションズの説明会の特典で予約しています。そちらは下の記事をご覧ください。

 

k948.hatenablog.com

 

 

(目次)

 

 

ヒルトンオナーズアプリでは事前チェックインが可能

公式での予約にあたってはヒルトンの会員すなわちヒルトンオナーズに登録しましたが、ヒルトンオナーズのアプリでは、「事前チェックイン」が可能です。宿泊の1日前からアプリ上で、自分の泊まる部屋の選択ができます。

 

アプリの使い方と、今回選んだ部屋からの眺望が実際どうであったかをお伝えしてみようと思います。参考になれば嬉しいです。なお、今回の旅行では前半(HAWAII FLASH SALE)は「オーシャンビュー」、後半(ヒルトングランドバケーションズ特典)は「パーシャルオーシャンビュー」と2パターンで予約を入れ、泊まってきました。

 

 

1日前にメールが届きます

現地時間で前日の午前9時にヒルトンオナーズに登録しているアドレスに下のようなメールが届きます。ひとつめはちょうど午前9時でしたが、もうひとつは午前9時20分ほどでしたので届く時間はまちまちのようです。

 

f:id:k948:20170907222614j:plain

 

 

実際にヒルトンオナーズアプリで部屋を選択

旅行の前半で利用しましたオーシャンビューの部屋の事前チェックインについて、順をおって見て行きます。

先ほどのメールの下の方にヒルトンアプリに繋がるApp StoreとGoogle Playのアイコンがあるので、そこをクリックしアプリを起動します。

 

アプリが開くと、このようにチェックインに進めるようになっています。

 

f:id:k948:20170908201255j:plain

 

次にチェックインの時間を選択します。ノーマルの会員だと15時のチェックインが最速のようです。

 

f:id:k948:20170908201320j:plain

 

チェックイン時間を選ぶと、ヒルトンハワイアンビレッジの建物の配置図が出てきます。広そうでえす。何棟もありますが、色のついたところしか選択できません。予約したのが高いプランではなかったためか、「ダイヤモンドヘッドタワー」か「タパタワー」しか選べませんでした。ちなみにこの地図上では、左側と下側が海側です。逆に右側と上側が街側となります。

f:id:k948:20170908201342j:plain

 

タパタワーを選択。20部屋から選べることがわかります。

 

f:id:k948:20170908201406j:plain

 

先ほどの建物の配置図上では、ダイヤモンドヘッドタワーが下側(海側)にあったため、それが邪魔になると嫌だなということで、できるだけ高層階を選択することに。

 

f:id:k948:20170908201511j:plain

 

最上階も選択できたのですが、いずれもツインベッドでした。小さい子どもがいるので、ベッドがひとつの部屋を探すことに。32階のこの部屋であれば、キングベッドです。図面上、ベランダから外を見たときに向かって右側に柱のような出っ張りがあるのが少し気になりますが、まぁ海は見えるでしょう。

 

f:id:k948:20170908201540j:plain

 

部屋番号は3231です。

 

f:id:k948:20170908201604j:plain

 

注意事項にチェックを入れます。

 

f:id:k948:20170908201738j:plain

 

こんな感じでチェックイン完了です。

 

f:id:k948:20170908201826j:plain

 

この事前チェックインのアプリは全て英語ですが、直感的に操作できるため、とても簡単にできます。自分で部屋を選べるのはとても面白いですね。

 

 

選んだ部屋の眺望(タパタワー 3231号室)

さて、いよいよ実際の部屋からの景色ですが、こんな感じでした。

 f:id:k948:20170913203307j:plain

 

これは朝撮りました。見事なオーシャンビューです。ダイヤモンドヘッドも見えとても満足のいく部屋でした。 ちなみに前のダイヤモンドヘッドタワーも、ベランダ右側のでっぱりも全く気になりませんでした。

 

夜も綺麗でした。

 

f:id:k948:20170913215345j:plain

 

 

選んだ部屋の眺望(タパタワー 3036号室)

続いてパーシャルオーシャンビューの予約についても、1日前に同じように選択しましたが、今度は街側を選ぶことにしました。というのも、この予約もダイヤモンドヘッドタワーか、タパタワーからの選択でしたが、海側ですと下の方の階しか選択できなかったため、街側の高層階にしてみることにしました。

また前半はキングベッドの部屋を選びましたが、その時にベッドが動かせそうであったこと、また持って行っていたベッドガードがちゃんと使用できたことから、ツインベッドの部屋でも大丈夫そうだということで、今度はツインベッドの部屋を選んでみることにしました。

 

こんな感じ。

 

f:id:k948:20170913213406j:plain

 

夕方撮りました。パーシャルオーシャンビューでも結構海が見えました。手前に見えているのはヒルトンのラグーンです。やはりオーシャンビューの方が眺めは素晴らしいですが、こちらもなかなか良かったです。

 

虹も見えました。

 

f:id:k948:20170913214248j:plain

 

 

本チェックインに対する不満

余談ですが、ヒルトンの本チェックインはとても不満でした。とにかく時間がかかります。15時より少し早めの時間で、かつ会員であるヒルトンオナーズの列に並んでいても30分程かかりました。事前に部屋を選んでいるのに何故あんなに時間がかかるのでしょうか。15時にチェックインに行くともっと列が長くなるとホテルの方がおっしゃっていました。

アプリの事前チェックインは面白いんですが。

 

 

帰国後、ヒルトンから意味不明なハガキが到着

追記です。チェックアウトからひと月程したある日、ヒルトンからハガキが参りました。

 f:id:k948:20171009100849j:image

 

全く見慣れないものなので、無視しても良かったのですが、Pay Amount $6.46と書いてありましたので、なんとなく不安に。ヒルトン予約センターに電話したところ、これはヒルトンから私への返金のための小切手であることが判明。

  • HAWAII FLASH SALEの際に、リゾート税35ドルには本来かからないサービス料も徴収してしまっているので、それを返金するための小切手
  • ただし、銀行だと手数料がかかるので、そこは差し引いて返金となる
  • 銀行の手数料は知らん(おそらく手元には何も残らない金額)

とのことでした。突然、意味不明なものを送られ、確認すると、間違えて徴収した金額はまぁ返金はしますが、返金しても手数料があるからあなたにとっては意味ないですよ、と。郵便局ですと数百円でできそうですが、平日に行かねばなりません。

ほんと、クレジットカードに返金してくれればよいものを。

 

 

まとめ

今回のハワイ旅行はグランドバケーションズの特典もあったので、全日程でヒルトンを利用しました。部屋からの景色も非常に良かったです。

しかし本チェックインの件といい、この小切手の件といい、色々と不満は残りました。正直、今後あえてヒルトンを利用する気にはならないかなーと思っています。

 

 

では。