TULLIN'S COFFEE

1年間ポイントサイトを使ってマイルを貯めながら、2017年にはほぼタダでSFC修行をしました。経験を踏まえ、マイルのため方を伝授できればと思います。意外に簡単に貯まります。他にも好きなコト・モノなど雑多なことを記事にしてます。よろしくです✈️

ANAマイルを大量に貯めるための手順(年間21.6万マイル)

f:id:k948:20170311110346j:plain

 

私は2017年にいわゆるSFC修行を行い、無事プラチナメンバーの一員となりました(2017年に事前サービス開始)。プラチナメンバーになれば、スーパーフライヤーズカードを作成することができ、カードを保有する限り一生もののステイタスとなります。

 

私、結果的にANAのステイタスをほぼタダでとることができました

 

SFC修行は修行というだけあり、結構な本数、飛行機に乗る必要があります。例えば羽田沖縄間をプレミアムクラスで9往復です。通常ですと5~60万円はかかります。何故、SFC修行をほぼタダでできたのか。

 

それはANAマイルを大量に貯め、スカイコインに交換し、それを元に航空券を購入しているからです。

 

ANAマイルを貯めるといっても、陸マイラーとして買い物で貯まるポイントだけはそこまで貯まりません。せいぜい月に2~3,000マイルでしょうか。では、ANAマイルを大量に貯めるにはどうするのか。

 

その答えがこの記事です。

 

この記事では、ANAのマイルを大量に貯めるための手順を簡単にご紹介します。この方法ですと、月1.8万マイル×12ヶ月で年間21.6万マイルは貯めることができます。21.6万マイルはスカイコインに交換すると、例えばANA VISAワイドゴールドカードをお持ちになれば、1.6倍の34.56万円になります(ここの還元率は保有カードやステイタスにより異なります)。

 

とりあえずこの記事に書かれていることをやっておけば、年間21.6万マイルには届くでしょう。

 

(目次)

[:contents] 

 

 

やらなければいけないことは、いわゆる「ソラチカルート」と呼ばれるポイントサイトからANAマイルへと繋ぐルートを開通させることにつきます。

 

ハピタスポイント
→ドットマネーポイント
→メトロポイント(ソラチカ)
ANAマイル
 
これがソラチカルートです。
 
 
順をおって説明します。
 

①(登録編)まずは起点となるハピタスに登録

ポイントサイトは色々ありますが、基本的には運営会社が公開されており、ポイントの交換先が多様なところを選びたいですが、その点、ハピタスであれば安心です。また実際に使用するとわかりますが、シンプルでわかりやすい表示、問い合わせへの丁寧な対応など、大変使いやすいと思います。陸マイラーとしてまずはハピタスを使いこなしましょう。登録は以下のバナーから可能です。
 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 
 
慣れてくれば、他のポイントサイトでも結構です。
 
私はハピタス以外では、「ファンくる」という外食モニターのポイントサイトを起点としてよく使っていますが、これはドットマネーの経由はできず、PeXというポイントサイトを経由します(PeX経由ですと50円分の手数料を引かれます)。
 
以下の記事では、ファンくるからのルートを紹介しています。

②(登録編)次にドットマネーに登録

ハピタスで獲得したポイントをメトロポイント(ソラチカ)へ移動させる経由地点となります。以下からどうぞ。 
 
 

③(登録編)ソラチカカードの発行

ANA To Me CARD PASMO JCB(通称、ソラチカカード)を作成します。ソラチカルートの要です。
初年度は無料ですが、次年度から年会費2,160円はかかります。ただし更新特典として毎年1,000マイル貰えます。
年会費のかかるこのソラチカカードの発行が一番ネックであり、面倒なところですが、年間21.6万マイルの大量マイルを産み出すことを考えれば、作るべきです。
 
なお、作成にあたりお得なキャンペーンもありますので、以下リンク先をご覧ください。

 

k948.hatenablog.com

 

また、ソラチカカードの概要を記事にしましたのでこちらも併せてご参考下さい。

④(登録編)To Me CARD会員専用サイトへ

ソラチカカードが無事発行できましたら下記リンク先からログインします。初回のログインは、ソラチカの「お客様番号」と確認番号は生年月日の「月日の4桁」です。ログイン後はメトロポイントPlusに登録しておきましょう。
 
 
これで「ソラチカルート」が完成しました。
 
ここから先は、実際にポイントサイトでポイントを獲得してからANAマイルまでの移行手順をごくごく簡単に記載しておきますので、参考にしてください。
 

 

⑤(実践編)ハピタスポイント→ドットマネーポイントへ移行します。

ハピタスで案件をこなすと、そのうちハピタスポイントがつきます。「ポイント交換」から「ドットマネーギフトコード」を申請。数日後にはメールでコードが送られてくるので、ドットマネーの「ドットマネーギフトコードを使う」にコードを入力すると即時反映されます。
 
コードの入力は以下からどうぞ。
 
「ドットマネーギフトコード」は本人が獲得したコードでなくても入力できます。すなわち、家族でハピタスに登録し、家族がカード作成などでポイントを稼ぎ、それをご自身のドットマネーに集約することができるというメリットがありますので、その点もこのソラチカルートが優れているところです。
 
 

⑥(実践編)ドットマネーポイント→メトロポイントへ移行します。

ドットマネーの「マネーをつかう」からメトロポイントへの移行申請を行います。毎月15日までに申請したものが翌月の10日頃メトロポイントに反映されます。
 
 

⑦(実践編)メトロポイント→ANAマイルへ移行します。

To Me Card会員専用サイトから「メトロポイント移行申請」でANAマイルへ移行申請を行います。毎月15日までに申請したものが翌月3~6日前後にANAマイルに反映。⑥ドットマネーポイント→メトロポイントが10日前後に反映されるので、メトロポイントに反映後、15日までの間にこの⑦の申請をすれば良いです。
 
注意点は、メトロポイントからANAマイルへは0.9倍変換であることと、ひと月に2万メトロポイントまでと交換制限があることです。ひと月あたりの制限があるため年間21.6万マイルになるわけです。
 
 
以上で完了です。
簡単に書くために、細かい部分は省いていますが、難しくはないかと思います。
 
 
 

初めの1年間のポイント獲得状況の公開 

ちなみに私の1年間のメトロポイントの状況は以下の通りです。減算ポイントの列がANAマイルへの移行ポイントですが、はじめの月は900ポイントなので22,0900ポイント×0.9倍変換で198,810マイルと20万マイルは惜しくもいってませんね。ですが、ハピ友がおらずともこの程度のポイントは、難なく獲得できることが証明できました(ハピ友ができるとハピ友の貯めたポイントの一部が獲得できるのです)。
 

f:id:k948:20170708110620j:plain

 

 

その他のソラチカルートについて 

上に「ファンくる」起点のソラチカルートを少し書きましたが、私が他によく使ってるソラチカルートはこちら。起点が「ちょびリッチ」に変わるだけで、後は同じですね。

 

ちょびリッチポイント
→ドットマネーポイント
→メトロポイント
ANAマイル

 

ちょびリッチは以下から登録できます。 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

また、この「どこ特?」というサイトでは、案件名を検索すると、各ポイントサイトにて貰えるポイントが高い順番に並べてくれます。場合によって、ハピタスやちょびリッチなど使い分けられれば良いですね。

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

 

 

とりあえずは、今回の記事の内容をこなし、皆さんもSFC修行をしちゃいましょう。

では。

 

ANA陸マイラー必須のソラチカカードの概要とカード作成時・作成後のポイント

ANAマイルを陸で貯めるためにはソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は必須です。今回はソラチカの概要と作成時・作成後にやるべきことのご紹介します。

 

f:id:k948:20170821083041g:plain
 
(目次)
[:contents] 
 

ソラチカの強み

ソラチカカードの強みは、メトロポイントからANAマイルへ高還元率でもっていけることにつきます。ソラチカカードを持っていると、会員専用サイトから100メトロポイントを90ANAマイルで交換できます。実に0.9倍の還元率となり、現状では、各種ポイントをここまで高還元率でANAマイルにもっていけるものはございません。
 
 
f:id:k948:20170821125928j:plain
 
ハピタス→.money→メトロポイント→ANAマイルといういわゆるソラチカルートが強いのはこのソラチカカードのおかげと言えます。
 
 

ソラチカ基本情報

 
f:id:k948:20170821125944j:plain
 
年会費については、初年度無料で、次年度から本会員は2,000円(税別)です。ボーナスマイルとして、入会時・継続時に1,000マイル(家族カードは対象外)です。旅行損害保険など自動付帯の保険もありますが、携行品損害への保険がないため、ほとんど使う機会はないかと思います。
 
家族カードは年会費がかかる上に、継続ボーナスもないので不要ですね。ちなみにソラチカルートのハピタスから.moneyへ移行させる際は、ドットマネーコード入力による移行のため、家族のハピタスポイントもこの段階で集約できます。ソラチカルートでの移行の観点からも家族分のソラチカカードを持つ必要がないのです。あくまでもANAマイルへの中継の役割で、1枚持っておけば良いものです。
 

余談(定期券とオートチャージ機能)

あくまでも中継地点としてソラチカカードを作りましたが、意外にも役立っている機能が、定期券とオートチャージ機能です。 定期券は下の写真のようににソラチカの裏面に印字されます。
f:id:k948:20170821214248p:plain
また、オートチャージの詳細は下記リンク先にありますが、残額が1,000円以下になったときに、改札を通ったタイミングで2,000円チャージする、という設定を駅の多機能券売機で行うことができます。

オートチャージ機能:To Me CARDの魅力|東京メトロ To Me CARD

チャージを考えず公共交通機関・コンビニ・自動販売機で買い物ができますので会社に行くのにも財布がいりません。もちろんクレジットカードとしても使えるので、意外と便利な機能です。

 

 

ソラチカ作成時の注意点

 
作成の際に戸惑うのは、ポイントコース選択かと思います。 

f:id:k948:20170821083719j:plain 

ソラチカはJCBブランドですので、JCBのポイントプログラムであるOki Dokiポイントも貯まります。クレジットカード利用1,000円で1ポイントです。このOki DokiポイントもANAマイルに持っていくことは可能です。その際の還元率がこのポイントコース選択画面です。10マイルコースですと1ポイントが10マイルになりますが、年間5,000円の手数料が必要です。
 
 
ソラチカカードをメインとして使う方は年間5,000円を支払い10マイルコースとしても良いのですが、私のオススメのメインカードはANA VISAワイドゴールドカードです。年会費は1万円ほどですが、無料で10マイルコースとなり、そもそもソラチカのOki Dokiポイントよりも還元率が高いです。ソラチカはあくまでも中継地として考えると、マルチポイントコース(5マイル)自動移行コース(5マイル)を選んでおけば良いです。
 
私の場合は、そこまでOki Dokiポイントが貯まりませんので、必ずしもANAマイルにもっていく必要を感じず、移行の際に他の選択肢を残すためにマルチポイントコース(5マイル)にて登録しています。
 
なお、カード作成後もMyJCBから変更は可能ですので、実は入会の段階でそこまで悩む必要もないです。
 
※ログイン→左帯「ポイントサービスの照会・申込」→最下部「ANA JCBカードポイントコース・移行レート変更」から変更可能
 
f:id:k948:20170821190727j:plain
 
 

ソラチカ作成後の注意点

 

会員専用サイトからメトロポイントPlusに登録しましょう

メトロポイントPlusへ登録しておきます。これはソラチカルートに直接関係はありませんが、メトロポイントPlusの登録を行ったPASMOで、改札機により入出場した際の運賃に東京メトロ線が含まれる場合、乗車するごとにメトロポイントが貯まるサービスです。何故か最初から登録されておらず、自分で設定しなければなりません。
 

Tokyo Metro To Me CARD 会員専用サイト|ログイン

こちらから、会員専用サイトにログインします。「お客様番」としてあなたのソラチカカードのカード番号の下にある少し小さな数字列10桁と、「確認番号」として、あなたの生年月日の月日を4桁で入力します(初回)。
ログイン後は「メトロポイントPlusの設定」から、ソラチカの裏面下部に記載のPASMO番号との紐づけを行って完了です。
 
 

ANAカードを複数お持ちの場合は統合しましょう

こちらから「マイル口座統合のお手続き専用フォーム」に進みます。手持ちのANAカードのお客様番号、メインで利用するカードのお客様番号を入力することで、マイル口座を統合できます。
 
f:id:k948:20170821225336j:plain
  
  

ソラチカからの移行制限

 
ソラチカの欠点としては、ANAマイルへの移行が月に20,000メトロポイントまでというところです。すなわち月に18,000マイル、年間216,000マイルが制限となります。
 
 

ソラチカからの移行タイミング

 
.money→メトロポイントが毎月10日前後に反映されるので、メトロポイントに反映された後は、15日までにANAマイルへ申請を行いましょう。15日までに申請すれば、翌月3~6日前後にANAマイルに反映されます。このタイミングを逃すとひと月空いてしまいますので注意です。
軌道にのれば、下のような感じで毎月20,000メトロポイントを移行できます。
 

f:id:k948:20170821223751j:plain

 
 

★ソラチカをよりお得に申し込む方法★

 
ソラチカはポイントサイトのカード発行案件にあまりあがってこないカードですので、キャンペーンもないものだと思われがちです。しかし、お得に申し込むための方法はございます。ソラチカの発行の際は、是非下のリンク先をご覧下さい。通常の公式サイトで申し込むよりも入会時に多くのマイルを獲得できます
 
  

まとめ

 
陸マイラーとしての第一歩はソラチカカードの作成です。現状ではこれを越える還元率はありません。年間20万マイルを超えるANAマイルを獲得するために、まずはソラチカカードを作成してください。
ソラチカルートの簡単な流れは以下からどうぞ。 
 
 
では。 
 

トラベル便利グッズ 超コンパクトベビーカー「ポキット」のレビュー

私は折りたたんで小さくなるものが大好きです。使わないときは邪魔にならないよう小さくしたいのです。

k948.hatenablog.com

 

 

そんなわけで、今回は子どものベビーカーの話です。普段は、エアバギーココプレミアを使っています。

COCO PREMIERE|AIRBUGGY | ベビーカーのエアバギー

 

エアバギーは安定感もあり、形も気に入っているんですが、旅行や帰省など、頻繁に畳んで広げてを繰り返す時には不便です。また、飛行機では、預け入れ荷物として預けざるを得ませんがどうしても、カバーをしていても汚れてしまいます。

 

(目次)

 

ポキットを購入しました

そこで、旅行用に機内持ち込みができるサイズまで折りたためるベビーカーを購入しましたので、レポートします。

 

akachan.omni7.jp

 

とにかくコンパクトです。これは、機内持ち込みもできるんです。手荷物検査場で折りたたむと職員に必ず驚かれるレベルです。

 

もともとはこんな感じ。

 

f:id:k948:20170820211913j:plain

 

たたんだときに、持ち運ぶための袋がついています。袋は普段はベビーカー後部につけておけますので便利です。

  

f:id:k948:20170820212609j:plain

 

折りたたみ途中。すごいコンパクトです。初めて見ると驚きます。

 

f:id:k948:20170820212357j:plain

 

あんまり大きさが伝わらないけどこんな感じ。肩にかけれる大きさになります。ちなみに、この写真よりあともう一段階だけ小さくなります。そこまで変わりませんが。

 

f:id:k948:20170820212530j:plain

 

 

ポキットのいまいちなトコロ

荷物入れが少ない

コンパクトゆえのことですが、エアバギーと比べると下の荷物入れにあまり荷物が入りません。また作りも貧弱な感じです。がっしりとした感じはしません。
 

結構重たい

そのわりに重たいです。超コンパクトにはできるんですが、重さは4.8㎏あるので、持ち運ぶにはギリギリなところですね。

 

日除けが貧弱

これはもはや、ついていても意味がないレベルの小ささです。コンパクトにするための犠牲ですね。仕方ありません。別途、外付けの日除けを購入するか本気で考えています。

 

f:id:k948:20170820212147j:plain

 

 

まとめ

公共交通機関での移動が多い場合、小さいのは正義です。普段使いのエアバギーと旅行使いのポキットで使い分けると、とても便利ですよ。

 

では。

 

コーチの鞄に底鋲を付けてもらった

当ブログの初記事です。記念すべき最初の記事は、COACHの鞄に底鋲を付けてもらった話です。

 

(目次)

 

 

COACHビジネストートバッグを購入

通勤鞄を買い換えました。COACHのビジネストート。すこーし重たいけど、容量は大きく見た目も高級感があるので気に入りました。

 

f:id:k948:20161120133623j:plain

 

このトートバック、マリンピア神戸というアウトレットで買ったんですが、アウトレットバージョンだと、底鋲が付いてないんです。

 

f:id:kazuki948:20160523082658j:plain

 

どうやらネットで見ているとアウトレットでい通常のバージョンであれば、底鋲は付いている模様です。

 

リンクはご参考まで。

japan.coach.com

 

 

鞄に底鋲を付けるため調査開始

この差を知ってしまうと底鋲が付いていないのが気になって気になってしかたなくなりました。買ってすぐではあったものの、鞄に穴を明け、底鋲を付けてやろうと決心。

 

とはいえ、自分で付けるのはハードルが高そうなので、鞄の修理屋さんで付けてもらうことにしました。

 

ネットで色々調べていると、取り付け方は大きく2パターンあるようです。

  • 解体あり:カバンを解体して、底鋲を受ける金具が見えないように仕上げるパターン
  • 解体なし:そのまま底鋲を打つ(内側に受けの金具が見える)パターン

 

なお、鞄によっては、芯材として底板を引かなければいけないならないこともあるとのこと。まあこの鞄は底が硬いので、底板はいらないでしょう。

 

ネットでお店を何件か探し、メールで見積もりの依頼です。4件ぐらい聞いてみましたが、金額と納期はざっとこんな感じ。

  • 解体あり:約7千円〜1万5千円、納期1ヶ月以上
  • 解体なし:約5〜7千円、納期2〜3週間程度

 

 

シャングリラ青葉店で依頼

結局、見積りをとった中からシャングリラ青葉台店というお店に決めました。

 

www.shangri.jp

 

ここに決めた理由は、メール返答が早く丁寧だったこと、見積もりが一番安かったこと(と、わりと家から近かったので、直接持って行けそうだったこと)からです。

 

早速次のお休みの日にお店に持ち込んで実物を見ていただき、発注しました。

 

今回は通勤鞄ということもあり、とにかく早く使いたかったので、早く仕上がる解体なしでお願いしました。別に内側に金具が見えてもいいですもん。

 

結局は底鋲を4本、約3千円でやっていただきました。思っていたよりはだいぶお安くて良かったです。

 

 

完成

一週間後には完成しました。こんな感じ。

 

f:id:kazuki948:20160523083450j:plain

 

素晴らしい!

 

内側には受けの金具が目立たないように、上から黒い革のシールのようなものを貼ってくれていました(ただ、このシールは剥がすと跡が残るし、正直いらないかったな笑)。

 

店員さんも優しい方でほんと良かったです。ありがとうございました。また利用したいお店です。

 

では。


dカードゴールドのプレミアムクーポンでサクララウンジが利用できる

ドコモのd POINT CLUBには、シルバーステージ、ゴールドステージを対象としたプレミアムクーポンという特典があります。今回はそれを使ってサクララウンジを利用する方法です。

プレミアムクーポン|d POINT CLUB

 

ステージの決まり方はこちら。6ヶ月間のdポイント獲得数、ドコモの継続利用期間、dカード保有のいずれかで決まります。

ステージの決まりかたについて|d POINT CLUB

 

ゴールドステージの場合、6ヶ月間に10,000dポイント獲得とハードルが高すぎるんですが、dカード GOLDを保有すると、自動的にゴールドステージとなります。dポイント獲得数やドコモの継続利用期間などおかまいなしです。

 

(目次)

 

dカード GOLDの特典(主なもの)

このdカード GOLD、年会費は10,800円しますが、ドコモユーザーであれば、結構使えるカードです。陸マイラーなどしていなければ、こちらをメインカードにしても良いぐらいに思いました。本題とズレますので、特典のうち、特に気に入っているものを簡単にご紹介します。

 

特典の全容はこちら。

dカード | dカードの特典 - 特典・サービス

 

ポイント還元率が高い

ゴールドカードの場合、ドコモのケータイ等利用料金の10%ポイントが還元されます。大抵のカードは1%付近です。例えば夫婦でケータイを2台持っていると、月額10,000円は越えてくるかと思いますが、この場合、毎月1,000ポイント近く還元されるので、年会費の元は取れます。

しかもケータイ等の利用料金支払いにdカードの指定はされていませんので、ご自身のメインカードで支払うことにより、ポイントの二重取りが可能となります。

ただし、この10%は消費税等は除くとともに、各種割引適用後の基本使用料、通話・通信料等から適用となるので、月々サポートを利用している場合は、その金額を引いた金額から10%還元となるなど注意は必要です。

 

dカードケータイ補償

購入から3年以内のケータイ端末が紛失、盗難、修理不能となった場合に、新しく同じ端末を購入する際の金額を10万円までキャッシュバックしてくれる制度です。要は水漏れや全損で修理不能と判断されると、実質無料で交換してくれるってことです。修理可能な場合は、対象ではありませんので、不安な場合は月額500円程度の通常のケータイ補償に加入しておくべきかもしれません。私は最悪の場合の対応があれば十分なので、通常のケータイ補償は外してしまっています。

 

プレミアムクーポン

JALの旅行券(3万円)や全国百貨店共通商品券(3万円)、ショー鑑賞券付のディズニーリゾートのペアチケットなど豪華商品に毎月応募できます。半年ほど経ちましたが、まだ当たったことはありません。この他、ローソンとファミリーマートでは1週間ごとにジュースやスイーツなど指定されたものの抽選ができます。コンビニの抽選は月1回ぐらいは当たります。

 

家族カードが年会費無料

家族カードの1枚分は年会費無料で作成できます。ケータイ補償などの上記特典は家族カードも対象です。また、プレミアムクーポンは家族カードでも行えますので、当選確率は2倍になります。

 

 

プレミアムクーポンでサクララウンジの抽選に参加してみた

上でご紹介した特典の中のプレミアムクーポンにサクララウンジの抽選もあります。抽選とはいいながらも、かなり当選確率は高いのでお勧めです。

 

実際にサクララウンジの抽選に参加してみましたので紹介します。

 

サクララウンジ応募手順

プレミアムクーポンの中ほどにあるExecutive Experience「JALの空港ラウンジが利用できる」から応募します。難しいところはなく淡々と進んでいくだけですので、画面を見ていればなんとなくわかるかと思います。いくつか注意点は記載しています。

 

f:id:k948:20170814183642j:plain

 ▼

f:id:k948:20170814183712j:plain

 ▼

f:id:k948:20170814183730j:plain

 ▼

 f:id:k948:20170814183755j:plain

応募期間には注意

注意しなければならないのは、応募の期間です。搭乗日の2週間前の週(月曜日始まり)が応募可能期間となります。今回、私は8/29(火)の成田空港国際線が希望でしたので、2週間前の8/14(月)~8/20(日)に応募ができます。

 

国内線ラウンジ、国際線ラウンジそれぞれの当選枠数

国内線、国際線併せて1日最大137組をご招待とあります。国内線、国際線でそれぞれ枠がこのように決まっています。狙っている成田の国際線は16組ですが、これが多いのか少ないのか正直よくわかりません。国内線の羽田空港の50組は少ない気もしますが激戦なのでしょうか。

 

f:id:k948:20170814185645j:plain

 

応募にはJMBへ入会している必要あり

応募に際し、お客様番号とパスワードで一旦、JMBへログインを求められます。

  

f:id:k948:20170814183838j:plain

 

JMBへログインした後、再びプレミアムクーポンに戻り、利用空港、日付、人数(2人まで)を順に選択します。

 

 f:id:k948:20170814183901j:plain

 ▼

f:id:k948:20170814183916j:plain

 

確認画面の後はすぐに抽選です。抽選がすぐですので、もやもやする時間はなく、そこもイイトコロです。

 

f:id:k948:20170814183954j:plain

 

結果の確認

結果はすぐに出ます。飛行機マークが揃い当選となりました。

 

f:id:k948:20170814184009j:plain

 

当日の利用の流れ

最後に当日の利用の流れが表示されます。国際線ですと、搭乗券と当選履歴が必要なようです。

 

f:id:k948:20170814184108j:plain

 

ちなみに私の今回の搭乗便ですが、British AirwaysのAviosというマイルでJAL国際線をとっていますので、JMBとは紐付いていません。JMBのログインにより、実際の予約を確認しているわけではなさそうです。国際線だとなかなか厳しいかもしれませんが、余裕があればラウンジを押さえてから航空券をとってもいいかもしれません。

 

この後、実験的に家族カードでも同じ条件で応募してみましたが、「当選」しました。やはり当選確率は高いようです。

 

以上です。

 

ソラチカカード新規入会キャンペーン。ポイントサイトで扱っていない中で公式よりお得に入会する方法

f:id:k948:20170810100900j:plain

ANAマイルを貯めていくために必須となるソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCBですが、公式サイトでの入会の前に是非この記事をチェックしてください。

 

当記事のキャンペーンにより、通常の公式サイトでの新規入会キャンペーンの1,000マイルに加え、500マイル多く獲得できます。

 

(目次)

[:contents] 

 

 

ポイントサイトでは、ソラチカカードを扱っていない 

 

通常ですと陸マイラーとしてはポイントサイトを通ってソラチカカードを申し込むことで、ポイントサイトからのポイントと公式サイトのキャンペーンの二重どりを目指すところですが、残念ながらソラチカカードは現状、どこのポイントサイトでも取り扱っていません。

 

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

この「どこ特?」で、「ソラチカ」「ANA To Me CARD」と入力しても何も出てきません。

 

 

マイ友プログラムを使ってよりお得に入会

 

ですが、ここで諦めて、そのまま公式サイトから申し込むのは、非常にもったいないです。
ポイントサイトが使えないソラチカカードには、マイ友プログラムというキャンペーンを使うことで、公式+αとなり、よりお得に入会できます。 

 

(マイ友プログラムの詳細はこちら)

マイ友プログラム マイ友プログラム始まる! お友達にシェアしよう!│ANAマイレージクラブ

 

f:id:k948:20170810110604j:plain

 

ソラチカカードは一般カードのため、通常の新規入会ボーナスの1,000マイルに加えて500マイルが獲得できます。なお、こちらはANAマイレージクラブ会員からの紹介がなければ、適用されません。またソラチカカードの申し込みより前に、このマイ友プログラムのキャンペーンを実施する必要がある点にご留意ください。 以下に手順を記載します。 

 

 

マイ友プログラム登録手順

① マイ友プログラムのサイトから登録用ページへ移動

『マイ友プログラム』に登録する│ANAマイレージクラブへ移動し、中断にある「さっそく登録する」へ進みます。

 

f:id:k948:20170810103244j:plain 

 

② 紹介者情報と申込者(ご自身の)情報を入力

紹介者情報の紹介者氏名に「ヤマモト」「カズキ」と、紹介番号に「00018198」と入力。申込者情報として、ご自身の氏名と誕生日を入力。

 

f:id:k948:20170810104423j:plain 

 

③ ソラチカカードを選択

確認画面を経て、左下の「ANAカードにご入会の方はこちら」に進みます。

 

f:id:k948:20170810104707j:plain

 

上から7番目に「ANA To Me CARD PASMO JCB」がありますので、申し込みに進みます。

 

f:id:k948:20170810105120j:plain

 

その後、青のポップアップ「ソラチカカードのお申し込みはこちら」へ進みます。

 f:id:k948:20170810105817j:plain 

後は通常カードを申し込む時と同じですので割愛。以上で1,500マイルが獲得できます。

 

いまなら感謝のマイレージプレゼント ANA JCBカード

なお、この最後のソラチカカードを選択するページには、JCB独自のキャンペーンも記載されています。ソラチカカードの場合は、「その他一般カード」として書かれていますので併せてご覧下さい。   

 

 

ソラチカカードを使っての大量のマイル獲得方法はこちらから。 

k948.hatenablog.com

 

 

では。

 

 

トラベル便利グッズ パラグライダークロスたためるリュックサック・ボストンバッグ(無印良品)

何を隠そう私は、小さく折りたたんで持ち運べるものが全般的に大好きです。サングラスもパーカーも何でも使わないときはたたんで持ち運びたいのです。特にたためるカバンには目がありません。見つけるとすぐに欲しくなります。今日は無印良品で購入した小さく折りたたんで持ち運べるリュックサックとボストンバッグの紹介です。

 

無印良品の「パラグライダークロスたためるリュックサック」と「ボストンバッグ」です。どちらもパラグライダーに使われている生地で、小さくたたんで収納できます。私はネイビーのリュックと黒のボストンを購入。

 

f:id:k948:20170807221727j:plain

 

これ、めちゃくちゃ軽いです。150gとかそんなもんです。が、とても丈夫で、かつ容量はたっぷりです。A4サイズの雑誌を入れてみましたが余裕です。

 

f:id:k948:20170807221751j:plain

 

ボストンのほうは更に大きいですが、正直、形が安定しません。タオルや服みたいに大きくてかさばるものを入れるときはいいのですが、何というか細かい日用品を突っ込むと鞄の中身がぐちゃぐちゃになっちゃいます。インナーバッグみたいなものが必要かもしれません。ただ、ボストンにはスーツケースの持ち手が通るワッカが側面に付いており、キャリーオンできますので、とても便利です。

 

f:id:k948:20170807221804j:plain

 

ほら、たたむとこんなに小さくなります。これなら要らないときはスーツケースやらメインのバッグにでも放り込んでおけばいいのです。旅行にはもってこいですね。

 

f:id:k948:20170807221847j:plain

 

折りたためるのが好きと言っておいてなんですが、私はこの2つは色もデザインも気に入っているので、ほとんどたたまずにそのまま普段使いで使っています。

  

下に無印のネットショップのリンク先を貼っておきましたが、すでにネットでは売り切れみたいです(私も結構前に購入したものです)。とはいえ店舗の在庫はまだありそうなので、取り寄せ等で購入はできるんじゃないでしょうか。

 

www.muji.net

www.muji.net

 

ちなみに今回の写真は、以前の記事に書きましたRX100M5で撮ってみました。少しフィルター加工したものもありますが、綺麗に撮れます。撮った写真を直ぐにNFCスマホに送れたのも便利でした。5,000円キャッシュバックキャンペーンが始まったのはショックでしたが、オートでも素晴らしい写真が撮れるので満足です。

 

k948.hatenablog.com

 

では。