TULLIN'S COFFEE

1年間ポイントサイトを使ってマイルを貯めながら、2017年にはほぼタダでSFC修行をしました。経験を踏まえ、マイルのため方を伝授できればと思います。意外に簡単に貯まります。他にも好きなコト・モノなど雑多なことを記事にしてます。よろしくです✈️

British AirwaysのマイルシステムAviosで予約したJAL便の座席指定について

f:id:k948:20170311095747j:plain


ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAviosというマイルシステムでは、特典航空券として、同じoneworldアライアンスである日本航空(JAL)の便をとることができます。
私もAviosで成田~ホノルルのJAL国際線を予約しましたが、その際、座席指定・変更はBAのホームページではできなかったので、備忘もかねて記事にしておきます


もちろん方々に電話をすれば解決するのかもしれませんがなかなか面倒です。
この方法を使えばネット上で完結させることができるため、とても便利なのです。


ちなみにこちらはAviosでJALの国内線を予約した場合も同様です。



予約の際にメールなどでBAから送られてくるeチケットには「BAの予約番号」が記載されています。AviosのシステムからJAL便を予約しても、当然ながらBA側の予約番号しかわかりません。そこでまずはJAL側の予約番号を知る必要があります。


利用するのはAmadeus e-ITR」(アマデウス)という各航空会社での共通予約システムです。下記リンク先のアマデウスにて「BAの予約番号」と「ご自身の名前」を入力すると「eチケットお客様控え」が発行されます。

Amadeus e-ITR


eチケットお客様控えの予約番号には、先ほどのBAの予約番号の右側に「JL/XXXXXX」と「JALの予約番号」が連記されているかと思います
これでJAL側の予約番号も手に入れることができました。

JAL側の予約番号があれば、JALのホームページで使えるだろう!と、安易に思ったのですが、Aviosで予約を入れた場合、このJAL側の予約番号は、【米州地区】版のJALホームページでなければ使えないようです。
またこの先、米州地区版のJALホームページにて操作する際は、PC版で見る必要がありますのでご注意ください。

JAPAN AIRLINES / American Region - 航空券, 運賃案内, 日本・アジアへの旅行


タブ「予約確認/チェックイン」から「予約確認」に進みます。
f:id:k948:20170918201828p:plain


JMB会員のほうではなく、「予約番号または認証番号をお持ちのお客様」から先ほどのJAL側の予約番号、搭乗便、搭乗日、名前を入力し「予約確認する」から先に進みます。
f:id:k948:20170918202939p:plain


「ご予約一覧」が出てくるので、該当するフライトの「選択」をクリック。
「座席を指定する」をクリックすると下のような画面がポップアップされますので、空いている席を選択します。同時に搭乗者の生年月日を入力し、「選択した座席で確定する」をクリックします。ポップアップを消すと先ほどの「座席を指定する」の下に選択した座席番号が表示されていると思います。

再選択は再び「座席を指定する」を押すだけです。最後に右下の「終了する」をクリックして座席選択の終了です。
f:id:k948:20170918203749p:plain



今回のような座席指定はもとより、AviosでJALの特典航空券をとった場合は、実際に運行するJALへ問い合わせることが多いかと思います(BAではなく)。このため、この予約番号を確認する方法は覚えておいて損はないかと思います。


では。

トラベル便利グッズ トラベルクッカーを海外で使ってみたのでレビューします

小さな子どもを連れての海外となるとどうしても心配なのがご飯の問題です。

 

今回はハワイ旅行だったので、アラモアナセンターなどで白ご飯やおかずも買えるとの情報を目にしたんですが、こればかりは実際に行ってみなければわかりません。また、仮にあったとしても全て現地調達では何となく不安もあります。

 

そこで大量のベビーフードを持って行くことにしました。ご飯パックと、おかずとして税関で没収されないよう魚料理中心(肉が含まれないモノ)のベビーフードを大量に購入。これのせいでスーツケースがいっぱいになるぐらい。笑

 

さて、残る問題はこれらをどうやって温めるかです。

 

電子レンジさえあれば色々と解決するんですが、コンドミニアム型ならともかく、普通のホテルでは電子レンジはついていません。事前にホテルに電話したところ、ホテル内にあるABCストアでお借りすることは可能かもしれないとはおっしゃっていましたが、これも確実ではない。また食事の度にABCストアに借りに行くのはとても面倒です。

 

前書きが長くなりましたが、そんな折に見つけたのがこの「トラベルクッカー」です。コンセントさえあれば、旅先で簡単な料理ができます。これを使えば湯煎ができるので、ABCストアに入り浸る必要はありません。

 

www.amazon.co.jp

 

【特長】
◆海外滞在中でも気軽に調理ができる電気調理器
◆便利な電圧切替スイッチ付き
◆鍋の取手は折り曲げることができるので、専用ポーチにコンパクトに収納
◆専用のどんぶりとスプーンフォーク付きで食器がなくても安心

 

 

早速、購入してみました。袋麺がギリギリ入るぐらいの大きさですかね。試してないのでわかりませんが、普通サイズのご飯パックは入らないかもしれません。子どもには少し小さなご飯パックを購入していたので入りました。トラベルクッカーというだけあり、持ち運べるようコンパクトにまとめられます。

 

f:id:k948:20170915085507j:imagef:id:k948:20170915085525j:imagef:id:k948:20170915211222j:imagef:id:k948:20170915085544j:image

 

実際に現地ホテルで使ってみました。気をつけないといけないのは電圧の切り替えです。この機械には電源がないのでコンセントをさした瞬間に電源が入ります。コンセントをさす前に反対の底のスイッチで電圧の切り替えを行う必要があります(ハワイであれば関係ないです)。

 

このように小さいサイズのご飯パックと、おかず二品を一度に温めてます。

 

f:id:k948:20170915085647j:image

 

結果、とても良い感じに温められました。とりあえず白いご飯が食べられると一安心ですね。

 

f:id:k948:20170915085700j:image

 

以後、一週間ほど使いましたが、壊れる事もなくちゃんと役目を果たしてくれました。

ただし、非常に時間がかかります。沸騰までに25〜30分ぐらいかな。そこから湯煎するとなると準備にはかなりの時間を要します。ホテルにあるアイスバスケットの蓋か何か、温める際に上にかぶせるものがあれば、5分程度は早く沸く印象ですので是非試して下さい。

 

 

小さい子どもと海外に行く際にはとても便利でした。少し重いですが、そこまで大きくはないので、スーツケースに入れておけば邪魔にもなりません。

 

では。

 

 

OpenTableでハワイの人気店を簡単に予約(ウルフギャングステーキハウス、ビルズハワイ)

夏休みにハワイ旅行に行ってきました。その際、ウルフギャングステーキハウスとビルズハワイという人気店をOpenTableというサービスで予約してみましたのでご紹介。

Bills Hawaii
Wolfgang's Steakhouse – Waikiki, Honolulu, HI

 

(目次)

 

OpenTableとは

OpenTableはインターネットのレストラン予約システムです。日本語対応でネット上で完結しますので、旅行会社で申し込んだり、英語で電話予約を入れる必要もありません。

OpenTable

 

 

 

予約の方法

超簡単です。アプリの画面で見てみます。

 

まぁなんでもいいんですが、検索に「ワイキキ」と入れます。するとウルフギャングはすぐ見つかります。

 

f:id:k948:20170914230819p:image 

 

ビルズについては「ワイキキ」では拾えませんので、「bills」と入れてみるとすぐに見つかります。

 

 f:id:k948:20170914231229j:image

 

このあとは日付と時間を選択するだけで予約完了です。

 

f:id:k948:20170914231904p:image 

 

予約が完了すると登録しているアドレスにメールが届きます。メールには「予約の変更」というボタンもありますので、変更も簡単にできます。ただ、私も予約変更をしてみたのですが、「予約変更完了のメール」は届きませんでした。そんな時はオープンテーブルアプリなどから「予約」を選んで、内容の確認すれば、きちんと変更されているはずですので、安心です。

 

 

予約受付開始のタイミング

予約受付のタイミングはお店によりまちまちです。ウルフギャングは60日前から、ビルズは90日前から予約受付開始でした。予約受付前に予約しようとすると、「予約は◯日前からです」と表示されるので、すぐに確認できます。

 

f:id:k948:20170914083420j:image

 

 

実際にウルフギャングに行ってみました

アメリカのお店。カウンターで名前を言うとすぐに案内してくれました。ほっとしました。頼んだのはこちら。ヒレとサーロインが楽しめる看板メニューのTボーンステーキです。STEAK FOR TWOだったかな。とても柔らかくて美味しかったです。

 

f:id:k948:20170914205921j:image

 

こちらがウルフギャングサラダです。正直、普通です。あとはライスを頼みましたが、半端ない量が盛られてきます。

 

f:id:k948:20170914210536j:image

 

店員さんも優しく素敵な方でした。飲み物も2人分頼んで、チップ込みで200ドル弱。結構な値段でしたがまぁ満足です。それにしてもお店は混んでいましたが、ほとんどが日本人だった気がします。

 

 

実際にビルズに行ってみました

こちらはもともとオーストラリアのお店です。一階のカウンターで名前を言うとすぐに二階の店内に案内いただきました。良かった。頼んだのはこちら。リコッタパンケーキです。ふわふわで美味しい。

 

f:id:k948:20170914211239j:image

 

もうひとつは世界一の朝食、スクランブルエッグのセットです。ふわふわで美味しい。

 

f:id:k948:20170914211433j:image

 

飲み物もとてもかわいいです。

 

f:id:k948:20170914211517j:image

 

それにしてもこちらもお客さんの6割ぐらいは日本人でしょうか。ワイキキ自体、日本人が多いですし仕方ないですが。お値段はトータルで60ドル強でした。こちらも結構な値段ですね。笑

 

 

まとめ

日本語で予約ができ、当日も特に待たされることなく人気のお店に入れるのでとても便利でした。オススメです。

 

 

では。

 

ヒルトンハワイアンビレッジに事前チェックインで宿泊。オーシャンビューとパーシャルオーシャンビューの眺望の差

久しぶりの更新になりましたが、1週間ほど夏休みをとってハワイに行ってきました。宿泊先はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾートです。

 

公式サイトで定期的に開催されるフラッシュセールにて予約しました。今年の6月頃にありましたHAWAII FLASH SALEです。50%offとかそんな感じ。トリップアドバイザーで検索するよりも安かったです。

 

(目次)

 

 

ヒルトンオナーズアプリでは事前チェックインが可能

公式での予約にあたってはヒルトンの会員すなわちヒルトンオナーズに登録しましたが、ヒルトンオナーズのアプリでは、「事前チェックイン」が可能です。宿泊の1日前からアプリ上で、自分の泊まる部屋の選択ができます。

 

アプリの使い方と、今回選んだ部屋からの眺望が実際どうであったかをお伝えしてみようと思います。参考になれば嬉しいです。なお、今回の旅行では前半は「オーシャンビュー」、後半は「パーシャルオーシャンビュー」と2パターンで予約を入れ、泊まってきました。

 

 

1日前にメールが届きます

現地時間で前日の午前9時にヒルトンオナーズに登録しているアドレスに下のようなメールが届きます。ひとつめはちょうど午前9時でしたが、もうひとつは午前9時20分ほどでしたので届く時間はまちまちのようです。

 

f:id:k948:20170907222614j:plain

 

 

実際にヒルトンオナーズアプリで部屋を選択

旅行の前半で利用しましたオーシャンビューの部屋の事前チェックインについて、順をおって見て行きます。

先ほどのメールの下の方にヒルトンアプリに繋がるApp StoreとGoogle Playのアイコンがあるので、そこをクリックしアプリを起動します。

 

アプリが開くと、このようにチェックインに進めるようになっています。

 

f:id:k948:20170908201255j:plain

 

次にチェックインの時間を選択します。ノーマルの会員だと15時のチェックインが最速のようです。

 

f:id:k948:20170908201320j:plain

 

チェックイン時間を選ぶと、ヒルトンハワイアンビレッジの建物の配置図が出てきます。広そうでえす。何棟もありますが、色のついたところしか選択できません。予約したのが高いプランではなかったためか、「ダイヤモンドヘッドタワー」か「タパタワー」しか選べませんでした。ちなみにこの地図上では、左側と下側が海側です。逆に右側と上側が街側となります。

f:id:k948:20170908201342j:plain

 

タパタワーを選択。20部屋から選べることがわかります。

 

f:id:k948:20170908201406j:plain

 

先ほどの建物の配置図上では、ダイヤモンドヘッドタワーが下側(海側)にあったため、それが邪魔になると嫌だなということで、できるだけ高層階を選択することに。

 

f:id:k948:20170908201511j:plain

 

最上階も選択できたのですが、いずれもツインベッドでした。小さい子どもがいるので、ベッドがひとつの部屋を探すことに。32階のこの部屋であれば、キングベッドです。図面上、ベランダから外を見たときに向かって右側に柱のような出っ張りがあるのが少し気になりますが、まぁ海は見えるでしょう。

 

f:id:k948:20170908201540j:plain

 

部屋番号は3231です。

 

f:id:k948:20170908201604j:plain

 

注意事項にチェックを入れます。

 

f:id:k948:20170908201738j:plain

 

こんな感じでチェックイン完了です。

 

f:id:k948:20170908201826j:plain

 

この事前チェックインのアプリは全て英語ですが、直感的に操作できるため、とても簡単にできます。自分で部屋を選べるのはとても面白いですね。

 

 

選んだ部屋の眺望(タパタワー 3231号室)

さて、いよいよ実際の部屋からの景色ですが、こんな感じでした。

 f:id:k948:20170913203307j:plain

 

これは朝撮りました。見事なオーシャンビューです。ダイヤモンドヘッドも見えとても満足のいく部屋でした。 ちなみに前のダイヤモンドヘッドタワーも、ベランダ右側のでっぱりも全く気になりませんでした。

 

夜も綺麗でした。

 

f:id:k948:20170913215345j:plain

 

 

選んだ部屋の眺望(タパタワー 3036号室)

続いてパーシャルオーシャンビューの予約についても、1日前に同じように選択しましたが、今度は街側を選ぶことにしました。というのも、この予約もダイヤモンドヘッドタワーか、タパタワーからの選択でしたが、海側ですと下の方の階しか選択できなかったため、街側の高層階にしてみることにしました。

また前半はキングベッドの部屋を選びましたが、その時にベッドが動かせそうであったこと、また持って行っていたベッドガードがちゃんと使用できたことから、ツインベッドの部屋でも大丈夫そうだということで、今度はツインベッドの部屋を選んでみることにしました。

 

こんな感じ。

 

f:id:k948:20170913213406j:plain

 

夕方撮りました。パーシャルオーシャンビューでも結構海が見えました。手前に見えているのはヒルトンのラグーンです。やはりオーシャンビューの方が眺めは素晴らしいですが、こちらもなかなか良かったです。

 

虹も見えました。

 

f:id:k948:20170913214248j:plain

 

 

本チェックインは不満

余談ですが、ヒルトンの本チェックインはとても不満でした。とにかく時間がかかります。15時より少し早めの時間で、かつ会員であるヒルトンオナーズの列に並んでいても30分程かかりました。事前に部屋を選んでいるのに何故あんなに時間がかかるのでしょうか。15時にチェックインに行くともっと列が長くなるとホテルの方がおっしゃっていました。

アプリの事前チェックインは面白いんですが。

 

 

では。

 

プレミアム旅割28の販売期間が拡大。2018年のSFC修行の予約も開始

f:id:k948:20170827190856p:plain

ANA国内線プレミアムクラスにお得に乗ることが可能なプレミアム旅割28の販売期間変更の発表がありました。

 

www.ana.co.jp

 

これまでは、搭乗日2カ月前から購入可能でしたが、「旅割」や「特割」と同じく2カ月以上先の分まで予約・購入できるようになりました。本日、8/27(日)からです。今回は10/29(日)~3/24(土)の搭乗分となります。

 

今日はなかなか予約サイトに繋がりませんでしたが、来年2018年のSFC修行の始まりですね。

 

私は2017年にSFC修行をしましたので、下記をご参考ください。

 

k948.hatenablog.com

 

SFC修行を効率的に行うためにはプレミアム旅割28を使いこなさなければなりません

 

ステイタスを獲得するためには、1月~12月の間にプレミアムポイントを稼ぐ必要があります。プレミアムクラスと通常のクラスでは、もらえるプレミアムポイントにかなりの差があります。羽田沖縄間はこんな感じ。

  • プレミアムクラスであれば2,860プレミアムポイント
  • 通常クラスであれば1,476プレミアムポイント

もちろんプレミアムクラスの方が運賃は高いのですが、プレミアム旅割28であればお安く買うことができますので、結果、PP単価(プレミアムポイント/円)が良くなります。

 

フライト毎に貯まるプレミアムポイントは以下でわかります。
ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

経験上、1月~3月のプレミアム旅割28はめちゃくちゃ混みます。ステイタスは本来、指定のプレミアムポイントを獲得した次年の4月から開始のところ、その年の獲得した時点(ただし、4月以降)から事前サービスが開始されます。すなわち1月~3月までに獲得すれば、4月からの事前サービスと併せて2年間のサービスを受けられるため、年初めはより激戦となります。

プレミアムメンバー事前サービス|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

来年2018年のSFC修行をお考えの方は、早めに予約をしたほうが良いかもしれません。

 

運賃はこちらを参照ください。 

運賃の設定・変更についてのお知らせ│航空券│ANA国内線

 

 

この他、新千歳のANAラウンジのリニューアル、プレミアムクラスの食事内容の充実などサービスの強化も下記リンク先にて触れられています。

www.ana.co.jp

 

 

では。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

「ANA VISAワイドゴールドカード」と「dカード GOLD」の海外旅行保険について。子どもへの保険の追加は必要か

海外旅行に行く際には海外旅行保険に入っておくと安心です。今度、ハワイに行くので、改めてクレジットカードに付帯している海外旅行保険について調べてみました。特に今回は小さな子どももいるので、子どもへの条件も重要です。

 

f:id:k948:20170826170636j:plain

 

(目次)

 

海外での医療費はどれぐらいかかるのか

こんなの見つけました。

f:id:k948:20170826142238p:plain

価格.com - 海外の医療費 | 海外旅行保険の必要性

アメリカは救急車を呼ぶだけで4万円、盲腸で200万円、1日入院すると16万か。あくまでも一例ですが、このように高額になることもあるようです。急な病気・ケガの際に50万円ぐらいの保険があれば安心でしょうか。

  

 

自動付帯と利用付帯

  • 自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで、自動的に海外旅行保険適用されるもの
  • 利用付帯とは、そのクレジットカードで、ツアー代金や公共交通機関の料金を支払わなければ海外旅行保険適用にならないもの

 

私の持っているクレジットカードは、ドコモのdカード GOLD陸マイラー御用達のANA VISAワイドゴールドカードです。どちらも海外旅行保険が自動付帯となっています(ソラチカも自動付帯なのですが、内容がショボいので割愛)。

 

 

では、2つのカードの内容を見てみましょう。

 

 

dカード GOLDとANA VISAワイドゴールドカードの海外旅行保険

以下2つのリンク先の情報から、下の図にまとめてみました。

dカード | 海外旅行保険
ANA VISA・マスターゴールドカード保険サービスご利用の手引き

 

  dカード GOLD ANA VISAワイドゴールドカード
本人会員/家族会員 子ども 本人会員/家族会員 子ども
障害死亡 5,000万円 1,000万円 5,000万円 1,000万円
障害後遺障害 200万円
~5,000万円
40万円
~1,000万円
150万円
~5,000万円
30万円
~1,000万円
傷害・疾病治療費用
(1事故/1疾病の限度額)
300万円 50万円 150万円 50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
5,000万円 1,000万円 3,000万円 1,000万円
携行品損害
(年間限度額)
※自己負担額3,000円
50万円 15万円 50万円 15万円
救援車費用
(年間限度額)
500万円 50万円 100万円 50万円
海外空港便遅延費用特約

・乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円

・手荷物遅延による
 衣類・生活必需品購入費用 1万円

・手荷物紛失による
 衣類・生活必需品購入費用 2万円

・出航遅延・欠航による食事費用 1万円

保険会社 東京海上日動火災保険 三井住友海上

 

重要なのは傷害・疾病治療費用と携行品損害

色々と保険内容が書かれていますが、正直なところ死亡保険など滅多に使わないかと思いますし、重要なものは下記の2つです。

  • 傷害・疾病治療費用・・・病気やケガなど
  • 携行品損害    ・・・持ち物の盗難、破損など(自己負担3,000円)

この2つが充実しているものが優れているカードと言えます。特に病気やケガへの対応が最も重要でしょうか。

 

2つのカードを見てみると、どちらもそれなりの保険金額となっていますので安心ですが、特に病気やケガの際には、dカード GOLDが300万円と、ANA VISAワイドゴールドの倍の保険金額となっていますので、より優れていると言えます。

また、dカード GOLDには海外空港便遅延費用特約が付帯しているのが特徴的です。乗継遅延や手荷物遅延に1~2万円が出ます。私も昔、バルセロナで翌日まで手荷物が届かず、当時はこのようなカードを持っていなかったため、翌日までとても不安だった経験があります。自動的に付帯されるのであれば嬉しい保険です。

 

なお、本人会員と家族会員は同じ保険内容です。

 

 

複数のクレジットカードを持っている場合の扱い

複数のクレジットカードでの付帯保険がある場合、死亡・後遺障害の保険金額は合算されず、最も高い保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて按分して保険金が支払われることになります。

一方、死亡・後遺障害以外の場合、これらの保険金額(補償額)を合算した額を上限として実際の損害について各保険を按分して保険金を支払うことになります。

 

病気やケガ・携行品損害の場合は、保険金額の限度額は合算して考えることができるということです。すなわち、病気やケガの場合の上限額が300万+150万円の450万円、携行品損害の場合は50万円+50万円の100万円となります。

 

 

子どもの保険内容は

まず、そもそも子どもが保険対象となるかですが、どちらのカードも本人会員と生計を同一とする配偶者・19歳未満で同居の親族・19歳未満で別居の未婚の子どもが対象となっています。

内容としては、本人会員・家族会員よりは、少し劣ってしまいますが、こんな感じ。

  • 傷害・疾病治療費用・・・50万円+50万円で100万円
  • 携行品損害    ・・・15万円+15万円で30万円

 

 

まとめ 

冒頭に急な病気・ケガの際に50万円ぐらいの保険があればと書きましたが、本会員・家族会員で450万円、子どもは100万円と、とりあえずはこれを満たしていますね。私はこれで十分かと思いましたので、追加はしないと思います。というか、どちらかのカードでも良いかもしれません。

 

もし追加で海外旅行保険に入るとすればここで比較してみる感じですかね。

価格.com - 海外旅行保険 比較 | 全11社のランキング 格安プランも掲載

 

 

 

では。

ANAアメックスゴールドカード新規入会キャンペーン。ポイントサイトよりもお得に申し込む方法

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの新規ご入会をお考えの方は、こちらからお得に入会できますので、ご一読ください。

 
当記事のキャンペーンにより、通常の公式サイトでの新規入会キャンペーンに加え、2,000マイル多く獲得できます。
 

f:id:k948:20170824082350j:plain

 

(目次)

 

 

当記事での獲得マイルとポイントサイト経由での獲得マイルの比較

 

陸マイラーとしてはポイントサイトを通し、ANAアメックスゴールドを申し込むことで、ポイントサイトからのポイントと公式サイトのキャンペーンの二重どりを目指すところです。しかし残念ながら、現状、当記事での獲得マイルを越えるポイントサイトはない状況です。

 

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

ポイントサイトの案件比較が可能な「どこ特?」で、「ANAアメリカン」と入力すると以下のとおり。

 

f:id:k948:20170824083415j:plain

 

ANAアメックスゴールドは2,000ポイントが相場です。ソラチカルートですと1,800マイルとなります。

 

当記事ではそのまま2,000マイルが獲得できるのに加え、ソラチカルートのようにポイントサイトを経由させる面倒なことはありませんので、当記事のキャンペーンがオススメです。

 

 

マイ友プログラムを使ってよりお得に入会

 

マイ友プログラムというキャンペーンを使うことで、公式+2,000マイルとなり、よりお得に入会できます。 

 

(マイ友プログラムの詳細はこちら)

マイ友プログラム マイ友プログラム始まる! お友達にシェアしよう!│ANAマイレージクラブ

 

f:id:k948:20170810110604j:plain

 

ANAアメックスゴールドのカテゴリーはANAゴールドカードです。通常の新規入会ボーナスの2,000マイルに加えて2,000マイルが獲得できます。なお、こちらはANAマイレージクラブ会員からの紹介がなければ、適用されません。またANAアメックスゴールドカードの申し込みより前に、このマイ友プログラムのキャンペーンを実施する必要がある点にご留意ください。 以下に手順を記載します。 

 

 

マイ友プログラム登録手順

① マイ友プログラムのサイトから登録用ページへ移動

『マイ友プログラム』に登録する│ANAマイレージクラブへ移動し、中段にある「さっそく登録する」へ進みます。

 

f:id:k948:20170810103244j:plain 

 

② 紹介者情報と申込者(ご自身の)情報を入力

紹介者情報の紹介者氏名に「ヤマモト」「カズキ」と、紹介番号に「00018198」と入力。その下の申込者情報に、ご自身の氏名と誕生日を入力。

 

f:id:k948:20170810104423j:plain 

 

ANAアメックスゴールドを選択

確認画面を経て、左下の「ANAカードにご入会の方はこちら」に進みます。

 

f:id:k948:20170810104707j:plain

 

上から16番目に「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 」がありますので、申し込みに進みます。

 

f:id:k948:20170824085755j:plain

 

その後、赤い「お申し込みはこちら」のボタンへ進みます。

 

f:id:k948:20170824124448j:plain

 

後は通常カードを申し込む時と同じですので割愛します。以上で通常入会の2,000マイルに加えて2,000マイル、合計4,000マイル獲得できます。

 

 

なお、最後のお申し込みのページにあるとおり、現在、ウェブサイト限定キャンペーンも行っています。入会後、3ヶ月間の利用金額によって、さらなるマイルも期待できます。 

 f:id:k948:20170824220749j:plain

 

ウェブサイト限定キャンペーンの注意事項はこちらですので、併せてご覧下さい。

ANA アメリカン・エキスプレス提携カード

 

では。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村